ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ須恵町議会

議会事務局

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月13日更新

議場写真

議長通信(平成30年8月3日発行 須恵町議会だより207号より) 

 
 【3度目ならず】

 今年も須恵町消防団の暑い夏が始まりました。
 今年度、小型ポンプの部は県大会、ポンプ車の部は全国大会まで開催されます。
 須恵町消防団は、平成22年に本部分団が、平成28年には上須恵分団が全国大会に出場し、共に優良賞に輝いた実績があります。
 どの分団も追い抜け、追い越せとばかりに、4月より長期間訓練に励んでいると聞いています。
 6月3日、須恵分団、松本竜一選手の宣誓で須恵町消防ポンプ操法大会が始まりました。
 各分団ともに訓練の成果を発揮すべく、張り詰めた緊張感の中、懸命の操法が展開されました。
 結果、ポンプ車の部は佐谷分団、小型ポンプの部は乙植木分団が優勝しました。
 両分団は、上位大会である地区大会へ挑むため、さらなる猛訓練に取り組みました。
 しかし、残念ながら両分団とも県大会出場を勝ち取ることはできませんでした。
 本大会には、各市町の消防団員が集結しています。とりわけ須恵町消防団には、若い年齢の消防団員が多く見受けられました。
 須恵町の防災を担う新しい力が確実に育っていることを感じました。
 各分団が頂点を目指すため、大きな掛け声、団員の意見のぶつかり合い、流した汗、費やした時間は計り知れません。
 決して自己の為だけではなく、町民の生命財産を守る消防団員の使命につながっているこの団員たちの姿に、感謝です。

 須恵町議会 議長 三角良人