ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

まなビック講座 伝統文化親子体験教室

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月17日更新

日本の伝統文化に触れてみよう!

夏休みが終わり、朝には今年の夏は沢山の楽しい思い出が作れたのだろうなと想像できるような、明るい笑顔で登校する子ども達の姿を見かけることができるようになりました。

まなビック講座の中にも、夏休みの思い出に残るような講座が開催されましたので、ご紹介させていただきます。

皆さんは、日本の伝統文化である「茶道」や「生け花」を体験したことがありますか?

この講座は、子どもの夏休み期間限定で開催されている短期講座の一つで、“親子で日本の伝統文化に触れてみよう”というコンセプトのもと、須恵町文化協会の方々にご協力いただき開催している「伝統文化体験 親子教室」という講座です。

初日「生け花」体験

初日は「生け花」の体験。

初めて顔を合わせる子ども達の不安と緊張感、そしてどんな事をするのかというワクワク感が伝わってくる初日でした。

講師は、山際先生。とても優しく、丁寧に生け花の始まりからお話しをしていただき、実際に生け花の体験をしました。

講座の様子  講座の様子

2日目「茶道」体験

茶道の講師は九艶の会 合屋先生と2名の方にお手伝いに来ていただきました。

アザレアホールの茶室でお作法を習いながら、子どもが点てたお茶を保護者の方が飲んだりという体験をしました。

講座の様子  講座の様子

3日目「琴」体験

琴の体験は、筑紫歌峰会の小森先生です。

ほとんどの方が初めて見るお琴でしたが、短い時間の体験のなかでも最後にはみんなで「さくら さくら」を演奏できるようにまでなりました。

講座の様子  講座の様子

最終日「日本舞踊」体験

最終日は、石津先生をはじめ、文化協会より2名の講師に来ていただいて、日本舞踊の体験です。

今回は夏祭りが多く行われる時期ということもあり、浴衣や着物を身にまとって、「須恵町音頭」「炭坑節」の音楽に合わせて盆踊りの練習を行いました。

講座の様子  講座の様子

計4日間で普段はなかなか体験できないような、日本古来の伝統文化を体験することができました。

この体験をきっかけにして、伝統文化の継承に少しでも繋がっていくとともに、子ども達の夏休みの素敵な思い出の1ページとして、心に残る4日間になっていると良いなと思います。

集合写真