ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

木造十一面観音立像(町指定文化財)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月12日更新
十一面観音像(町指定文化財)の写真です写真:福岡市博物館提供 山田満穂氏撮影
名称木造十一面観音 立像 (もくぞうじゅういちめんかんのんりつぞう)
員数一体
指定年月日昭和53年4月1日
所在場所須恵町大字佐谷字観音谷(観音堂)
所有者名または
名称及び住所
須恵町
種類 有形文化財(彫刻)
品質及び形状 木造彩色像 材不詳 彫眼 石座
寸法及び重量 総高147.6cm 像高 122.2cm 髪際下 103.4cm
面幅11.4cm 肩張 24.5cm
作者 不詳
製作の年代 平安時代後期
品質、奥書、銘文等 台座背面墨書銘
「奉再興仕十一面観世音菩薩 元禄二戌巳天二月上旬 場藤原氏佛師巖瀬姓 亦四良尉次慶作之」
伝来その他参考となるべき事項元禄二年(1689年)に修復されています。毎年4月の第一日曜日の御開帳の時にのみ公開されます。