ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

固定資産の縦覧と閲覧を行います

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

平成30年度の固定資産縦覧帳簿の縦覧と、課税台帳(名寄帳)の閲覧を行います。

期日

縦覧 4月2日(月曜日)~5月31日(木曜日)(土・日・祝日は除く)

・閲覧 4月2日(月曜日)~         (土・日・祝日は除く)

時間

・8時30分~17時15分

場所

・税務課

その他

・縦覧や閲覧ができる人は、固定資産税納税者などに限られます。

納税者本人以外が申請するときは、本人からの委任状が必要です。

・窓口にお越しのご本人が確認できる運転免許証などの書類が必要です。

縦覧・閲覧の役割

・土地または家屋を所有する納税者は、縦覧帳簿で、所有する資産と同一区内にある土地の評価額または家屋の評価額とを、比較することができます(土地のみの所有者は土地についてのみ、家屋のみの所有者は家屋についてのみの縦覧が可能です)。

・課税台帳(名寄帳)の閲覧で、所有する固定資産(土地、家屋、償却資産)を確認することができます。