ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和2年度償却資産の申告について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月10日更新

令和2年度償却資産の申告について

会社や個人で工場や商店などを経営されている人、駐車場やアパートなどを貸し付けている人が、その事業のために用いることができる構築物、機械、工具、器具、備品などの土地・家屋以外の固定資産で、法人税法または所得税法の規定による所得の計算上、減価償却の対象となるものは「償却資産」にあたり、土地や家屋と同じように固定資産税が課税されます。

償却資産を所有している方は申告が必要です。

須恵町内に事業用として償却資産を所有している人、または他の事業者等に貸し付けている人は毎年1月1日現在の償却資産の所有状況を申告していただく必要があります。
※資産の多少に関わらず、申告する必要がありますのでご注意ください。

申告期限

令和2年1月31日(金曜日)

申告するには?

申告書に必要事項を記入し、税務課までご提出ください。

償却資産申告書(償却資産課税台帳) [PDFファイル/30KB]

償却資産種類別明細書 [PDFファイル/20KB]

〇解散、廃業、休業、移転、商号変更など、あるいは事業用の資産を所有していない場合や前年度から所有資産の増減がない場合もその旨をご申告いただきますようお願いいたします(「償却資産申告書(償却資産課税台帳)」内の「18 備考」欄にその旨をご記入ください。
〇「控え」が必要な人は、コピーを取っていただき、そのコピーを「控え」としてお持ちください。
〇申告書を郵送により提出される人で、「控え」の返送をご希望の場合は、必ず切手を貼った返信用封筒を同封してお送りくださいますようお願いいたします。

※前年度に須恵町の様式を用いて申告していただいた人に対しては、前年度の申告内容を印字した「償却資産申告書(償却資産課税台帳)」と「償却資産種類別明細書」を毎年12月中旬頃に送付します。また、前年中に取得した資産を記入するにあたり、種類別明細書の欄(行)が足りなくなった場合は、上記の「償却資産種類別明細書 [PDFファイル/20KB]」の様式をダウンロードしてご使用ください。

◎申告の方法等の詳細については下記をご覧ください。

償却資産申告の手引き [PDFファイル/570KB]

○「eLTAX(エルタックス)」による電子申告が可能です。

「eLTAX(エルタックス)」とは、一般社団法人地方税電子化協議会が運営する地方税ポータルシステムの呼称で、インターネットを利用して償却資産などの地方税の電子申告等を行うことができるシステムです。eLTAXを利用する場合は、eLTAXホームページで事前に手続きが必要です。

詳しくは、eLTAXホームページ「https://www.eltax.lte.go.jp/<外部リンク>」をご覧ください。

耐用年数

 減価償却資産の取扱いで使用する法定耐用年数は財務省令定められています(「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」)。耐用年数表は次の場所からダウンロードできます。

  http://www.web-seibunsha.jp/tebiki/pdf/9/pdf_mask/huroku.pdf<外部リンク>

 

平成28年1月1日以降に提出する償却資産申告書の様式にマイナンバー(個人番号・法人番号)の記載欄が新設されました

個人の人は12桁の個人番号を、法人にあっては13桁の法人番号を、申告書の記載欄に右詰めで記載してください。  詳しくは「マイナンバーの記載が新設されました [PDFファイル/387KB]」をご覧ください。

 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)