ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

日本脳炎予防接種のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月12日更新

平成22年度は、3歳児に対する1期初回(2回)接種に対して積極的に接種を勧めることとされています。

また、平成22年8月27日付の改正により、1期に使用している新しいワクチン(乾燥細胞培養日本脳炎ワクチン)が2期にも使用できるようになり接種が再開されました。

さらに、平成17年の接種勧奨の差し控えにより、1期における3回(初回2回、追加1回)の接種を受けられなかったお子さんへの接種機会の確保(特例措置)については、次の通りです。

 (1)1期初回(2回)のうち1回を接種した人

   対象年齢(生後6か月~90か月までの間または9歳~13歳未満までの間)に、6日以上の間隔をおいて残りの2回を接種する。

 (2)1期初回(2回)を接種した人

   対象年齢(生後6か月~90か月までの間または9歳~13歳未満までの間)に、残りの1回を接種する。

(3)1期を全く接種していない人

   対象年齢(9歳~13歳未満までの間)に、6日から28日までの間隔をおいて2回、その後概ね1年を経過した時期に1回接種する。

※接種の際は、接種歴の確認が必要になりますので、母子健康手帳と予防接種予診票手帳を持って行ってください。

※積極的な接種勧奨の対象は3歳児となっていますので、それ以外の年齢で接種を希望する人は、主治医に相談してください。

※医療機関によっては、予約が必要なところもありますので、事前に確認してください。

日本脳炎ワクチン接種に係るQ&A(平成22年10月改訂版) 厚生労働省<外部リンク>


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)