ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす住民課平成29年度国民健康保険税率の改定について

平成29年度国民健康保険税率の改定について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月1日更新

 国民健康保険(国保)は、病気やけがをしたときに、安心して医療にかかることができるように医療費の一部を保険給付することを主な目的とした制度です。その財源は、国保加入者が負担する国保税と国・県の負担金などで賄われています。

 須恵町国保は平成20年度の税率改定から税率を据え置いてきましたが、国保加入者の高齢化や医療の高度化にともなう医療費の増加、後期高齢者医療制度や介護保険制度への負担金が増加している反面、国保税収が落ち込んでいる(※表1参照)ため赤字が続いており、赤字分を一般会計から補っていました。(平成20年度以降の累積補てん額:約10億円)

 この一般会計からの財政支援にも限度があり、やむを得ず平成29年度から国保税の税率を改定することになりました。(※表2参照)

 また、今回の改定では所得に関係なく固定資産税の状況により計算されていた資産割を廃止することになりました。

 加入者の皆さんにご負担いただくことになりますが、国保財政を取り巻く厳しい状況にご理解とご協力をお願いします。

 

※表1 各項目ごとの収入(課税額)・支出(医療費や負担金)の推移 (一人当たり)

 

医 療 分

後期高齢者支援分

介 護 分

税 額

保険給付費

税 額

後期高齢者支援金

税 額

介護納付金

H20年度

62,991円

259,269円

18,013円

37,601円

23,177円

47,298円

H27年度

55,852円

318,788円

16,371円

56,388円

21,514円

64,450円

(対H20年度)

88.7% 

123.0%

91.1%

150.0%

92.8%

136.3%

 

※表2 平成29年度からの新しい税率

 

所得割

資産割

均等割

平等割

H28

改定前

H29

改定後

H28

改定前

H29

改定後

H28

改定前

H29

改定後

H28

改定前

H29

改定後

医 療 分

7.0%

7.6

15.0%

-

20,000円

24,000

23,000円

25,000

後期高齢者 支 援 分

2.1%

2.4

-

-

6,000円

7,000

8,000円

9,000

介 護 分

1.8%

2.3

-

-

8,500円

9,000

7,500円

9,000

※介護分については40歳以上65歳未満の加入者のみ課税されます。

 

平成29年度の国民健康保険税が試算できます。 

 この試算は、国保税の参考となりうる額であり決定額ではありませんのでご了承ください。

 税額は、平成29年度の税率で計算されています。

 軽減・緩和措置の計算には対応していません。

    平成29年度国保税試算シート [Excelファイル/146KB]