ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

戸籍届出について(婚姻・離婚・出生等)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月12日更新

本人確認について

 婚姻届・離婚届において、「本人確認」をしていますので、運転免許証・パスポート等・官公署発行の顔写真が貼付された証明書の提示をお願いしています。
※本人確認ができなかった場合は、後日「お知らせ」をお送りします。
  
 

届出の種類と届出期間等

種類届出期間届出人届出に必要なもの注意事項
出生届(赤ちゃんがうまれたら)生まれた日から14日以内生まれた子の父または母・出生届
・届出人の印鑑   
・母子健康手帳           
・届出は父母の本籍地、出生地、届出人の所在地のいずれかへ           
・届書には医師か助産師等の出生証明書が必要
婚姻届(結婚するとき)届けをされた日から効力が生じます。夫になる人、妻になる人・婚姻届
・戸籍謄本(届出地が本籍地でない人)
・夫になる人と妻になる人の旧姓の印鑑
・運転免許証など官公署発行の顔写真付き証明書(持っている人について)
・届出は、夫または妻になる人の本籍地か所在地へ         
・届書には成人2名の証人の署名押印が必要      
・未成年者の場合、父母の同意が必要
離婚届(離婚をするとき)協議離婚の場合は届出をされた日から効力を生じます。夫妻・離婚届       
・夫と妻の別々の印鑑
・戸籍謄本(届出地が本籍地でない人)
・運転免許証など官公署発行の顔写真付き証明書(持っている人について)
・届け出は本籍地または所在地へ 
・協議離婚の場合、届書には成人2名の証人の署名押印が必要
離婚の際に称していた氏を称する届離婚の日から3ヶ月以内
※離婚届と同時に届出することもできます。
婚姻中の氏をそのまま称したい者・離婚の際に称していた氏を称する届
・届出人の印鑑
・戸籍謄本(届出地が本籍地でない人)          
・届け出は本籍地または所在地へ
・協議離婚の場合、届書には成人2名の証人の署名押印が必要
転籍届(本籍地を変えたいとき) 筆頭者とその配偶者・転籍届     
・戸籍謄本(町内での転籍には不要)
・届出は本籍地、所在地、転籍地のいずれかへ
・筆頭者と配偶者の署名押印が必要