ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

住民検診のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月10日更新

 

住民検診がはじまり

 『平成30年度住民検診のお知らせ』を対象者のいる各世帯にお送りしました。(平成30年4月6日郵送)

集団検診か個別検診、どちらかを選んで 1年に1回 命を守る大切な検診 を受けましょう。

お送りしたお知らせで、あなたが受けられる検診がわかります。

どうぞご確認ください。

 

4月12日から集団検診の受け付けが始まります。

須恵町予約センターで検診予約を受け付けます。電話は無料です。

ぜひお電話お待ちしています。

詳細はこちらでご確認ください。


集団検診の日程と申し込み方法 [PDFファイル/695KB]

集団検診の項目と費用 [PDFファイル/683KB]

 

集団検診で受けられなかった場合は個別検診もご利用ください。

検診項目によっては集団検診でしか受けられない項目がありますのでご注意ください。

個別検診の案内 [PDFファイル/410KB]

なぜがん検診を受ける必要があるの?

あなたが最後に受けたがん検診はいつですか?

日本人の2人に1人はがんにかかるといわれる時代です。

がんにかかっても、初期の段階では多くの場合、ほとんど自覚症状がありません。

症状が現れた頃には、がんがすでに進行していて手遅れになってしまうケースも少なくないのです。

自覚症状がないころから、定期的に健診を受けて、がんを早期に発見することがとても重要になるのです。

※がんは、早期発見すれば90%以上が治ります。(※全がんを対象とした診断時からの5年生存率 がんの統計’12資料より)

集団検診であなたが受けられる検診は? [PDFファイル/315KB]

結核検診について

結核は、今でも年間1万8千人以上の新しい患者が発生している(平成27年度厚生労働省統計)重大な感染症の一つです。

感染拡大を防ぐには、検診を受け、早期発見、早期治療がとても重要です。

「結核検診」の対象は65歳以上の人で、「肺がん検診」と合わせて受けることができます。

※65歳以上の人は「結核検診」を受けることが法的に位置づけられています。

 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)