トップページ > 組織でさがす > 地域振興課 > 「セアカゴケグモ」にご注意ください!!

「セアカゴケグモ」にご注意ください!!

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月12日更新

「セアカゴケグモ」にご注意ください!!

9月7日(金曜日)夕方、昭穂区児童公園付近において、「セアカゴケグモ」1匹が発見されました。

「セアカゴケグモ」は、毒性を持ち、先日9月3日(月曜日)に福岡市で女性がかまれる事件が起こっています。

習性として、基本的に攻撃性はなく、素手で触らない限り、かまれる可能性は低いです。
発見した際は、絶対に触らず、屋外での作業の際は、長ズボンや手袋などを着用するなどして十分に注意をしてください。

駆除方法としては、市販の家庭用殺虫剤での駆除が可能です。

万一、かまれた時は、温水や石けんで傷口を洗い、できるだけ早くお近くの病院で治療をうけてください。

なお、町職員や昭穂区の方々で周辺の側溝内などを捜索したところ、現在のところ、他のゴケグモや卵などは見つかっていません。

詳細情報は、福岡県ホームページ(http://www.pref.fukuoka.lg.jp/c02/seakagokegumo.html)をご覧ください。

町において発見情報を集約しておりますので、疑われるクモが発見された場合には、須恵町役場地域振興課までご連絡をお願いします。

特徴

セアカゴケグモ(オス)全体セアカゴケグモ(メス)腹面

                 セアカゴケグモ(メス)全体                               セアカゴケグモ(メス)腹面
       (特徴は腹部背面の模様が赤いこと)              (腹部腹面にも赤い模様があります)  

メスの体長は、約0.7cm~1cmで全体に黒色で、背に赤色の帯状の模様があります。
オスの体長は、約0.4cm~0.5cmで腹部の背面は灰白色をしています。

習性

攻撃性はなく、素手で触らない限り、かまれる可能性は低いです。
絶対に触らないでください。

対策

屋外での作業の際は、長ズボンや手袋などを着用するなどしてください。

駆除方について

駆除は、発見された土地または建物の管理者で行っていただくことが基本です。
なお、市販の家庭用殺虫剤で駆除が可能です。

かまれたときの対処法

かまれたときは、針で刺されたような痛みを感じ、やがてかまれた部分の周りが腫れて赤くなります。悪化すると、痛み、発汗、発熱、発疹などを発症することがあります。
温水や石けんで傷口を洗い、お近くの医療機関で受診してください。
※より適切な治療の受診のため、できるだけ殺虫剤等で殺したクモを持参してください。

詳細情報

福岡県ホームページ http://www.pref.fukuoka.lg.jp/c02/seakagokegumo.html