ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

消費者行政に関する首長表明

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月1日更新

消費者行政に関する首長表明

 近年、消費者を取り巻く環境は、高度情報化や少子高齢化に伴い大きく変化し、消費者トラブルは複雑かつ多様化しております。 

 須恵町では、福岡県消費者行政推進事業補助金を活用し、町民みなさまが安心して消費生活を送れるよう、啓発物の配布、広報誌等での情報提供を通じて消費者問題の啓発事業に取り組んでいます。

 また、平成27年4月から糟屋地区の5町(須恵町、志免町、宇美町、粕屋町、篠栗町)で広域協定を結び、消費生活についての相談窓口「かすや中南部広域消費生活センター」を志免町に開設いたしました。この窓口では、消費生活相談専門の相談員を配置しており、悪質商法や契約トラブル、多重債務、製品事故など、町民みなさまの消費生活におけるさまざまなトラブルに対して、解消に向けてのお手伝いや助言を行っています。

 今後も安心・安全な消費生活の実現を図るため、将来にわたり消費者行政の推進に取り組んでまいりたいと考えております。

 平成30年3月1日  須恵町長 中嶋 裕史