ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

水道管の凍結にご注意ください

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月1日更新

寒さが厳しくなると水道管が凍結したり、破裂する恐れがあります。 

○特に凍結しやすい水道管

・露出している水道管

・風当たりの強い場所にある水道管

・家の北側などで太陽の当らない所にある水道管

○水道管の凍結を防ぐには

・露出している水道管には保温材や布切れなどを巻いて直接冷たい空気に触れないようにしてください。
 (保温材はホームセンターなどで売っています。)

・蛇口から糸状程度に少しづつ水を出しておいてください。この場合の水道料金は使用者様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。

○もし水道管が凍結して水が出ない時は

・自然に溶けるのを待つか、蛇口を開け、タオルをあてて、その上からゆっくりとぬるま湯をかけてとかします。水道管を叩いたり、急にあつい湯をかけると水道管が破裂しますので注意しましょう。

・万が一、凍結してしまった時のために、やかんや風呂の浴槽などに汲み置き水を用意しておくと役に立ちます。

○水道管が破裂してしまった時は

・まず、メータボックス内にあるバルブを閉めて、須恵町指定水道工事店へ修理を依頼してください。
・水道メーターから宅内側の修理は自己負担となりますのであらかじめご了承ください。