ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

社会教育施設の利用について(4月23日更新)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月23日更新

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、臨時休館にしておりました社会教育施設(アザレアホール・カルチャーセンター・まなビック教室)は利用再開しています。

 ただし、感染症拡大防止の観点から、国のガイドラインに基づく利用条件を設けています。ご利用の際は、下記の条件を確認のうえ、感染予防対策を徹底し、各団体の自己責任において活動してください。

 なお、今後の状況によっては、再度利用停止となる場合がありますのでご了承ください。

利用の条件(必ずお読みください)

(1) 部屋ごとの利用可能人数を守ること(※下記参照)

(2) 使用前後に5分ずつ「クリーンタイム(消毒および換気時間)」を設けること 

    ※感染予防対策の消耗品は、利用者で準備をお願いします

 

(3)名簿チェックリスト [Wordファイル/30KB]を提出すること

    名簿チェックリスト [PDFファイル/206KB]

※各施設の利用可能人数

施設名

部屋名

利用可能人数
施設の利用可能人数
アザレアホール楽屋1・2各20人以下
研修室1・2各20人以下
リハーサル室30人以下
大会議室72人以下
和室(2間)40人以下(2間)
茶室8人以下
カルチャーセンター大会議室56人以下
研修室20人以下
和室20人以下

まなビック教室

※一般利用不可

まなビック教室130人以下
まなビック教室230人以下
まなビック教室320人以下

クリーンタイムについて

 利用者の感染予防の為、クリーンタイムを新たに設けます。 (※利用時間内に含めます)

  開始して5分間:換気・健康チェック
  終了前の5分間:換気・清掃・消毒 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)