ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ須恵町議会

議会事務局

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月11日更新

議場写真

議長通信(令和元年11月5日発行 須恵町議会だより213号より) 

 
 【豊かな心を】

 昨今、マスコミ等で話題になっている【あおり運転】や【飲酒運転】。
 これだけ世間で騒がれているにもかかわらず、一向に減らないのはなぜか。
 相手の気持ちや家族のことなどを考えたことはあるのか。
 事件に至ったそれぞれの経緯があるにしても、そこには、自分さえよければ良いという身勝手さを感じます。
 「ひと昔前はこんなことなかったのに」と、事件を知るたびに怒りと寂しさが込み上げます。
 この身勝手さは、決して、時代の移り変わりのせいにしてはならず、時は流れても変わってはならない大事な「人としての心」の問題です。
 日本は先進国となり、経済が発展し生活も豊かになるにつれ、【心の豊かさ】が失われている気がします。
 このことは、人を思いやり、助けあうことの欠如にもつながり、現在の組合加入率の低下にも表れていると感じます。
 本年9月、日本を舞台にラグビーワールドカップが開催されました。
 ラグビーでは、よく「One for all,All for one」という言葉が使われます。
 勝利のため、ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために戦うという意味です。
 同じように、町民みんなが安心して過ごすため、ひとりひとりが人を思いやることができる豊かな心を育みたいものです

 須恵町議会 議長  松山 力弥