ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

木造大日如来坐像

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月12日更新
大日如来坐像の写真です
名称木造大日如来 坐像 (もくぞうだいにちにょらい ざぞう)
員数一体
指定年月日昭和53年4月1日
所在場所須恵町大字佐谷字観音谷(大日堂)
所有者名または
名称及び住所
須恵町
種類 有形文化財 (彫刻)
品質及び形状 木造漆箔彩色像 材不詳
法界定印を結ぶ胎蔵界大日如来
寸法及び重量 像高 100.9cm 髪際下 84.1cm
面幅17.2cm 肩張 40.2cm
作者 不詳
製作の年代 不明
品質、奥書、銘文等 なし
伝来その他参考となるべき事項伝教大師が宗像の大樹より作った3体の大日如来像の内の末(すえ)木のものと伝えられています。毎年4月の第一日曜日に行われる御開帳の時にのみ公開されます。