ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

須恵焼 御神酒徳利一対(文政十一年銘)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月12日更新

文政十一年銘の須恵焼です

名称須恵焼 御神酒徳利 (すえやき おみきとっくり)
員数一対(二体)
指定年月日昭和57年4月1日
所在場所須恵町大字須恵77-1 町立美術センター 久我記念館
所有者名または
名称及び住所
山王宮 須恵町大字上須恵字南米里
種類有形文化財
品質及び形状磁器(須恵焼) 口縁部欠失
寸法及び重量※二体とも 底径 12.9cm 高さ 18.6cm
作者小山田 勝兵衛
製作の年代文政十一年(1828年)
品質、奥書、銘文等※二体とも (表)十六弁 菊花文  (裏)奉寄進 銘文 「文政十一年 霜月 吉祥日 上須恵 皿山 小山田勝兵衛」
伝来その他参考となるべき事項山王宮に奉納されたもの。上須恵皿山の小山田姓は陶工の家系である。天保九年銘の御神酒徳利とは形状が多少異なる。