ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ワンストップ特例制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月1日更新

ワンストップ特例制度とは

 確定申告を行わない給与所得のみの方などが「ふるさと納税」を行う場合、確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄附金控除を受けられる仕組みです。この制度を利用するためには一定の条件を満たし、寄附先の自治体に特例の適用に関する申請書を提出する必要があります。

制度の対象者

 この制度を利用できる方は、次の2つの要件にすべて該当する方のみです。

(1)給与所得のみの方などで、確定申告または住民税の申告を行う必要がない方
  ただし、給与所得のみの方でも、医療費控除などの各種控除や株式などの所得を申告する方は、対象外となります。

(2)1年間の「ふるさと納税」寄附先が5団体以内の方

※申告が行われた場合
  確定申告または住民税の申告が行われた場合は、ワンストップ特例申請の申請はなかったものとみなされます。
  この場合は、「ふるさと納税」に伴う寄附金控除も含めた内容により確定申告または住民税の申告手続きを行ってください。

申請方法

 ワンストップ特例制度の利用を希望される方は、寄附をした翌年の1月10日までに、必要書類を添付の上、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書 [PDFファイル/618KB]」を以下の送付先に提出してください。

≪注意事項≫

ワンストップ特例申請書には、個人番号の確認ができるものと、身元確認ができるものを併せて送付いただく必要があります。

例1:「申告特例申請書」

     +「個人番号カード(マイナンバーカード)」の写し1枚(表・裏が必要です)

例2:「申告特例申請書」

     +「個人番号通知カード」または「住民票(個人番号付き)」の写し1枚
     +「運転免許証」、「旅券(パスポート)」、「写真付き身分証明書※1」の写しをいずれか1枚

例3:「申告特例申請書」
 +「個人番号通知カード」または「住民票(個人番号付き)」の写し1枚
 +「健康保険の被保険者証」、「写真なし身分証明書※2」、「地方税、国税、公共料金の領収書」、
   「納税証明書」、「印鑑登録証明書」、「住民票+住民票記載事項証明書」、「母子健康手帳」、
   「国民年金手帳」の写しをいずれか2枚以上

 

※1 「写真付き身分証明書」とは、通知カードに記載された氏名および生年月日または住所が記載され、
    かつ、本人の写真の表示が施されたものを指します。(写真入りの学生証・社員証・資格証明書など)
※2 「写真なし身分証明書」とは、本人の写真の表示のない身分証明書等で、通知カードに記載された氏名
    および出生の年月日または住所が記載されているものです。(写真のない学生証・社員証・資格証明書など)
 

申請書 送付先

〒811-2193 福岡県糟屋郡須恵町大字須恵771番地

須恵町役場 まちづくり課 ふるさと納税担当 宛

その他

▼申請した内容に変更が生じた場合は・・・

 申請書の提出後に、住所、氏名などに変更があった場合は、寄附をした翌年の1月10日までに「寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書 [PDFファイル/197KB]」を提出してください。
 また、提出の際には変更があったことがわかる書類の添付をお願いいたします。

▼申請書を提出された後は・・・

 ワンストップ特例申請書が須恵町役場へ届き、申請書の内容と必要書類に問題が無ければ、申請書下部にある受付書を返送します。返送には2週間程度の時間を要しますので、ご了承ください。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)