ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

葬祭費

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月12日更新

葬祭費とは 

国民健康保険加入者が死亡した場合、葬祭を行なった人(喪主)に3万円が支給されます。ただし、他の健康保険から葬祭費またはそれに相当する給付を受ける方(その健康保険に本人として加入していて資格を喪失後、3ヶ月以内に死亡した場合)には国保からは支給されません。 

申請に必要なもの

  • 個人番号カード、または個人番号通知カードと顔写真付き公的身分証明書
  • 国民健康被保険者証
  • 喪主であることが確認できる書類(火葬許可書・葬儀社からの請求書や領収書・会葬御礼など葬儀執行が確認できるものを一点)
  • 喪主の印鑑
  • 葬祭費の振込先がわかる書類(通帳など)

注意事項

  • 喪主と葬祭費の振込先が異なる場合、喪主の委任状が必要です。
  • 葬儀をした日の翌日から2年を経過すると時効になり、支給されませんのでご注意ください。