ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす企業、事業者の方産業振興(商工・農林)商工小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型) 新型コロナウイルスの影響を受けた事業者の認定書について

小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型) 新型コロナウイルスの影響を受けた事業者の認定書について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月13日更新

小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)とは

新型コロナウィルスが事業環境に与える影響を乗り越えるために、具体的な対策(Aサプライチェーンの損害への対応、B非対面型ビジネスモデルへの転換、Cテレワーク環境の整備)に取り組む小規模事業者等が、地域の商工会の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の3分の2が補助されます。
この中で希望される方のうち一定の要件を満たす場合、補助対象経費の一部について審査後、概算払いによる即時支給(交付決定額の50%)を受けることができます。
詳しくは以下のリンクをご覧ください。

   全国商工会連合会の令和2年度補正予算 小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)<外部リンク> 

 

 対象事業者

1.セーフティネット保証4号の認定をうけた事業者
  新たな申請は不要です。セーフティネット保証4号の認定書の写しを提出

2.令和2年2月以降の1ヵ月間の売上高が前年同月と比較して20%減少した事業者
3.創業1年未満の事業者は、令和2年2月以降の1ヶ月間の売上高が創業後から申請する月の前月までの間の任意の連続する3ヶ月の売上高平均と比較して20%減少した事業者

  売上減少の認定について

・認定申請書

  小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)売上減少の認定申請書 [Wordファイル/23KB]

※申請時に必要な書類は申請書2枚目をご確認ください。