ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

水質検査計画

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

水質検査計画をおしらせします

 須恵町上下水道課では「水質検査計画」を策定し、みなさんに安全でおいしい水を飲んでいただくために、定期的に水質検査を行います。
 この水質検査の「項目」「場所」「頻度」などをまとめたものが「水質検査計画」です。
水質検査は、水源から蛇口にいたるまでの水質を確認し、水質基準に適合していることを保証するために必要な作業です。
 須恵町上下水道課では、今まで以上に安心して水道水を利用していただけるように、ホームページで「水質検査結果」を公表します。

須恵町水質検査計画

1.水質検査計画に関する基本方針

 水道事業者として、須恵町の需要者に対してより安全でおいしい水を安定して継続的に供給するために、水源から取水・導水・浄水施設・送水・配水・給水に至るまでの水質管理を徹底し、そのために必要な水質検査を行うこととする。

2.水道事業の概要

 (1)配水区域
      ・佐谷浄水場配水区域
      ・第二浄水場配水区域

 (2)水源の概要
      ・須恵ダム
      ・男鳥池
      ・中柱田貯水池
      ・浅井戸1号
      ・浅井戸2号
      ・浅井戸3号
      ・深井戸1号
      ・深井戸2号
      ・深井戸3号
      ・福岡地区水道企業団(浄水受水)  ※佐谷浄水場内配水池で受水

 (3)浄水施設の概要
   (1)佐谷浄水場
      ・緩速ろ過池     8池
      ・最大処理水量   6,490 m3/日
   (2)第二浄水場
      ・緩速ろ過池     3池
      ・最大処理水量   1,000m3/日

3.原水及び浄水の水質状況

 水道原水である水源上流域は、環境汚染等が見受けられず年間を通じて水質が良好であり安定している。
 今後も水源池付近において、水質を悪化させるような施設等が設置されることがないよう監視を徹底する。
 各浄水場では、原水の状況を踏まえ緩速ろ過方式による適切な浄水処理を行っており、処理した水は水質検査のすべての基準値を大きく下回るものであり、安全で良質な水道水である。

4.水質検査項目、採水地点及び採水頻度

 別添、水質取水個所および検査項目 [PDFファイル/64KB] のとおり。(←クリックしてください。)

5.臨時の水質検査に関する事項   

 水源等に次のような水質異常が発生した場合、臨時の水質検査を行う。
   (1)水源水質が渇水や洪水などで著しく悪化した場合。
   (2)水質事故などによる水質異常が発生した場合。
   (3)水源池付近や配水区域及びその周辺で消化器系伝染病が流行した場合。
   (4)浄水処理過程で異常があった場合。
   (5)大規模な配水管工事やその他、水道施設が著しく汚染された恐れがある場合。
   (6)その他、特に必要と認められる場合。

6.水質検査の方法

  (1)自己検査
   ・佐谷浄水場(ろ過池出口、配水池出口)
     水温、濁度、残留塩素、Ph ・・・常時監視
   ・各配水系統管末(佐谷浄水場、乙植木消防格納庫、新生交差点付近防火水槽)
     水温、濁度、色度、残留塩素、Ph ・・・毎日検査

 (2)委託検査(福岡地区水道企業団水質センター)
   ・水質基準51項目(浄水)
   ・水質基準39項目(原水)
   ・一般細菌
   ・一般理化学
   ・カビ臭物質
   ・クリプトスポリジウム
   ・その他の項目

7.水質検査計画及び水質検査結果の公表の方法

 この年度の水質検査計画及び水質検査結果については、需要者にホームページ等で公表する。

8.その他水質検査計画の実施に際し配慮すべき事項

 (1)水質検査結果の評価に関する事項について

    ・水質検査結果については、検査の都度基準値超過がないか確認する。

     通常よりも傾向が異なる場合は、基準値内であっても浄水処理について監視強化する。

 (2)水質検査計画の見直しについて   

    ・この年度末に、その年度に行った水質検査結果をもとに、次年度の水質検査計画に反映させることとする。

 (3)水質検査の精度と信頼性保証について  

    ・福岡地区水道企業団水質センターでは、平成6年より内部精度管理を実施している。     

9.関連機関との連携

 将来にわたり安全で安心して利用できる水を供給するため、良好水源を確保することが基本であることから、関係機関との連携を密にし水道水源の水質保全に努める。

水質検査結果

 水質検査結果はこちらで閲覧できます。

水質検査結果 ←クリックしてください。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)