須恵町議会

須恵町議会

新着情報

須恵町議会だより221号(令和3年11月5日発行)の議長通信より

決算の認定の意義とは

9月の定例議会は、一般会計と特別会計の決算の認定(収入・支出が適法かつ正当に行われたかの確認)を行いました。
このような決算の認定制度には、三つの意義があると言われています。
一つ目に、支出した予算の事業効果を客観的に判断して、反省事項や改善事項を整理し、今後の予算編成や財政運営に活かすよう町に指導すること。
二つ目に、予算を支出する責任者である町長等に支出事務処理を慎重にさせるとともに、決算を認定することで町長の執行責任を住民に向けて解除すること。
三つ目に、住民に対して、町の財政の実態を知らせ、理解と納得を得ることです。
令和2年度の決算は、新型コロナウイルス感染症対策事業により財政調整基金の取崩しを行ったものの、町税の収入増に加え、ふるさと応援寄附金が大幅に伸びました。ふるさと応援基金への寄附金積み立てにより、町の基金(町の貯金)全体の積み立て総額は、前年度より増加するなど健全な財政運営となりました。
しかし、長引くコロナショックで経済は、記録的な落ち込みとなり、住民の皆さんの生活にも大きな影響を与えていることは、間違いありません。
私たち議会は、常に住民の皆さんの思いを共有し、皆さんから預かった大事な公金を、決算認定の成果を活かし、今後の町の財政運営の健全化と適正化に向けてまいります。須恵町が皆さんの心安らぐ場所となるよう、尽力していきたいと思っています。

須恵町議会 議長 松山 力弥

議会だより
会議録
定例会
臨時会

この記事に関するお問い合わせ先

議会事務局(監査委員事務局) ダイヤルイン

〒811-2193
福岡県糟屋郡須恵町大字須恵771番地
電話番号:092-932-1154
ファックス番号:092-933-6579

メールフォームによる問い合わせ