須恵町議会

須恵町議会

新着情報

須恵町議会だより224号(令和4年7月29日発行)の議長通信より

激甚化する自然災害に備えて

梅雨や台風のシーズンに向けて、防災体制を確認することが必要な時期がやってきました。

近年、熊本地震、西日本豪雨等の大災害を始め、九州各地で自然災害が多数発生しており

ます。いつ須恵町に被害をもたらすか分かりません。

昭和48年に発生した大水害は、須恵町始まって以来の短時間の集中豪雨により、佐谷地区

、上須恵地区を中心に多大な被害をもたらしました。あれから50年近く経ち、被害にあわれた

方も少なくなり、当時の記憶も薄れつつあります。

「天災は、忘れた頃にやってくる」防災学者寺田寅彦の言葉とされています。起きてしまった

災害を忘れることなく日々の備えをしようという意味です。須恵町においてもこの警句を忘れ

ることなく、自然災害に備えなければなりません。

令和2年度からの繰越事業として、ため池のハザードマップ作成業務委託料が計上され、町

内46カ所のため池中、39カ所の県が指定する重点防災ため池についてのハザードマップが

完成しました。満水時に貯留水が一気に流れ出た場合を想定し、決壊した場合における浸水

範囲・到達時間・最大水深・避難場所等を示した地図です。災害は、まず自分の地域、住居

がどういう災害を受ける可能性が高いか知ることが重要です。ぜひ、土砂災害警戒(特別警

戒)区域、須恵川の氾はん濫らん推定区域を示すハザードマップと併せ確認してください。          

議会としても、町の防災、減災の取組みを注視していきたいと思います。

 

須恵町議会 議長 松山 力弥

議会だより
会議録
定例会
臨時会

この記事に関するお問い合わせ先

議会事務局(監査委員事務局)

〒811-2193
福岡県糟屋郡須恵町大字須恵771番地
電話番号:092-932-1154(ダイヤルイン)
ファックス番号:092-933-6579

メールフォームによる問い合わせ